地震から身を守る【地下街編】

地震から身を守るためのアドバイス【地下街編】

東京地震・防災グッズ

 

地震はいつどこで、襲ってくるか分かりません。

 

大地震発生した際は、大の大人でもパニックになってしまい、冷静に行動が出来ません。

 

そうならない為にも、地震から身を守るためのアドバイス【地下街編】を何度も読み返してください。

 

しっかり行動パターンがイメージできるまで読み返してください。

 

【スポンサードリンク】

 

地下街で大地震にあったら?

 

地下街は少しでも震源にちかいから危険?

 

実は地下街は立派な避難場所といっても過言ではありません。

 

地下街は地上に比べ、実は揺れが小さいのです。地下街は倒壊による被害も少なく、地上に比べ安全です。

 

ただし、大地震が発生してしまうと、皆がパニックになってしまうので、二次被害の危険性があるので、気は抜けません。

 

地下街は万が一、停電になったとしても、必ずどこの地下街も自家発電装置がありますので、すぐに非常灯がつくので、暗闇の中手さぐりで移動する心配もありません。

 

また、万が一火災が起きた場合でも、排煙機やスプリンクラーが作動し、防火設備が消化に当たります。

 

さらに、地上出口が複数設置されていますので、煙が充満しても、迅速な行動うが出来れば大きな被害にはつながりません。

 

とにかく人災に注意が必要

 

揺れが発生してしまうと、皆パニックに陥ってしまい、我が先に!っていうことで出口に人が殺到してしまいます。

 

皆焦って出るもんですから、階段で将棋倒しになってしまう事も考えられます。

 

将棋倒しで、一番下の人は、何トンもの重量がどっと押し寄せてくるので、圧迫死してしまう事も考えられます。

 

緊急時こそ、冷静な行動が必要になります。

 

【スポンサードリンク】